ゴールデンテンプル1

リアルタイムはヨーロッパ周遊中!!
今回のブログは…家を借りずに北インド!
ブログ訪問記念にアイコンクリックよろしくです☆

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


oo4.jpg
oo5.jpg
oo6.jpg
oo7.jpg

アムリトサルと言えば…

ゴールデンテンプル

シーク教の総本山だそうで。

一般人ももちろん入れます。

入るときは大きな荷物と靴は、きちんとした預ける場所があるので、

預け札と交換して預けてから、

頭に布をかぶって髪の毛を隠します。

ぬるま湯の浅いプールが入り口手前にあるので、

足を洗ってから境内に入ります。

洗うといっても、ちゃちゃっとプールの中を歩く感じでOK.

本当にキレイになっているのだろうか…毎回疑問…

この時のアムリトサル…結構寒くて…

ぬるま湯につけたあとの足の冷えよう。www

さむーーーい!!

一応歩くようのマットみたいなのも敷いてあるけど、

イガイガしてて痛いし、石の床歩くと冷たいし…

慣れるまで大変ですた。

シーク教の男性はみーんなピッチリきれいにターバンを巻いております。

どうやって巻くのだろうか…

わけもわからず持ってた布を巻く賢太郎氏。

変なとこからビロビロ出てるー。w

別に寺の境内を歩く分には大丈夫。

でもやっぱりせっかくだから、ちゃんと巻きたいよね。

聖なる池での沐浴が終わったおじさんに尋ねると、

親切にも短い布なのに、ぴっちり巻いてくれた~♪

賢太郎氏が沐浴中、待ってるアタシにも話しかけてきてくれて、

「彼の荷物、ちゃんと見ててやれな。」

って、なんて親切なの!!

話を聞くと、彼はイギリス在住らしく、数か月だけ今インドに帰ってきてるそう。

ありがとうございました☆

めっちゃ寒いのに、女性も服を着たまま沐浴してるし、

信仰心の篤さに感心。

シーク教の男性は背筋もピシッとしてる人多いし、

インド人の中でもちょっと人種が違いそう。

剣やら槍やら持ってる警備員もめっちゃかっこいい。

シーク教…なんか興味出てきた~~~!



”Human Being" 絶賛発売中~~~!





                           ☆賢太郎氏の電子書籍☆


                           お得に旅しよう



Comments

Private comment