たまちゃんツアー:初日の夜

リアルタイムはヨーロッパ周遊中!!
今回のブログは…家を借りずに北インド!
ブログ訪問記念にアイコンクリックよろしくです☆

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


フォートコーチンから8ℓの水が入ったソフトスーツケースを持った大学生と、
皆さんとエルナクラムに戻り、ちょっと休憩。
そして夜、皆さんのホテルに行くと、酒盛りが始まってますた。
ケララでお酒は決まったところでしか飲めないので、
日本の感覚でいると、お酒飲むのは結構めんどくさい。
この時はホテル併設のバーだったけど、激高!!
一本220ルピー!!
ランチのミールスが50ルピーで食べれることを考えると、
どれだけ高いかわかっていただけるかと…w9.jpgw十x1.jpgx2.jpgx3.jpg
奇しくも次の日がドライデーということを、
一足先にアレッピーに行ったイタリア人日本人カップルから知らされた。
ドライデーとは、完全にお酒が買えない日。
バスに持ち込むことすら、咎められるかもしれない…との情報。
どんだけお酒に厳しいんだ、ケララ!!
ケララ州では数年以内にお酒禁止にする動きがあるらしい。
だからってさ…
うちらが泊まった安宿の近くに、政府がやるボトルショップがあったんだけど、
すごい人が長蛇の列を作っていて、まさにカオス状態。
ここに皆を並ばせるのは無理だ…
ということで、彼らのホテルの隣にあったバー…
暗すぎるので、みんな「暗がり」と呼んでたw 
で12本のビールをゲット。
値段的には普通だったぽい。
明日アレッピーに行くのに、ビール運ぶのどうしよう…
下手に段ボールなんかで持っていけないし…
あ。
水8ℓの代わりに、スーツケースに入るじゃん!?
O野くんにお願いして、明日のビールはとりあえず大丈夫そう♪
ディナーも近場のレストランで済ませて、皆さま、おやすみなさい!!

アタシと賢太郎、そしてもう一人の友達としきは安宿に戻った…
が…
蚊がすごすぎた…この宿。。。
安宿と言っても600ルピー。
もちろん冷房はない。
きれいじゃない川が目の前を流れているとはいえ、
多すぎる。
持ってきた電気ラケット振り回して、とりあえず10匹ほど殺して、
電気消して就寝…。
30分後、蚊にさされまくって起きる。
受付で蚊取り線香をもらって自分たちもいぶされながら寝てみる。
30分後、さらにさされまくって起きる。
よく見ると部屋の窓には一応ネットが貼ってあるけど、ぺろーんって取れてるし。w
バスルームの上は普通に開いちゃってるし。
そりゃ蚊も入り放題だよ。
…でも多すぎる、多すぎるよっっっ
電気ラケット振り回す。20匹ほど殺す。寝る。
また起きる…の繰り返しを何回やっただろう…
3時半、賢太郎氏決意。
「寝れないんならチェックアウトしても一緒じゃね!?」
さっさかパッキングして蚊地獄から抜け出すことに。
部屋を出ると、ちょうど隣の部屋で寝ていた宿のマネージャーも起きてきた。
このマネージャー、無表情なんだけど、すんごく親切。
でもごめん、まじで寝れないからチェックアウトするわ。
眠い目をこすりながら、寂しそうに玄関を開けてくれた。
朝4時、エルナクラムの路頭にぽつりと立つ二人。www
どうしよう…でもどうしようもないから、
皆の泊まるホテルにとりあえず向かおう。
2日前の夜中に到着して、昨日一日歩き回って疲れているはずの皆様を、
こんな朝早くに起こすわけには…
と、躊躇しまくってたけど、こっちもこっちでemergencyやで。
アタシも実際数日間ちゃんと寝れてなくて、の、この日だった。
賢太郎氏の後押しもあって、LINEを一斉送信!!
「もし起きてる方でかくまってくれる方いらっしゃいましたら、お知らせください。」
皆の返事を待ち望みながら、真っ暗のエルナクラムの町を歩く。
町はだんだん起きてきてる感じだった。
お茶屋さんも開いた。
牛乳がまだだから、ブラックティーしかないけど、
と出してくれたお茶が下水みたいな味がして、
もうヘコみまくり。
精神的にやってくれるよ~インド…
へなへなになりながら、皆の泊まるホテルにたどり着いたのですた…
続く…




賢太郎氏☆初☆電子書籍
20代前半の旅の始まりからオーストラリアのヒッチハイク、
ベトナムや中国の話などなど、笑いあり涙あり…氏の旅話。
ただ今絶賛kindleで発売中!!528円♪
(↑↑↑画像をクリックすると商品ページに飛びます↑↑↑)



Comments

Private comment