アレッピー1

リアルタイムはヨーロッパ周遊中!!
今回のブログは…家を借りずに北インド!
ブログ訪問記念にアイコンクリックよろしくです☆

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


v4.jpgv5.jpgv6.jpgv7.jpg
フォートコーチンで日本人カップルとよくんみさちゃんに出会って、
バイバイしてから、いったん家に帰ったものの、
なんだかウズウズ…
そういえば二人って「アレッピー」っていう場所に行ったよな…
まだ数日いるはずだ…
しかもアレッピーはバックウォータークルーズのメッカ、
たまちゃんツアーの下見にハウスボート見学もできちゃうじゃん。
…ということで即再び家を出発☆
エルナクラムを経て合計約3時間バスに揺られ、アレッピーへ。
彼らの泊まる宿に着いたけど、彼らは買い物しにエルナクラムへ。www
めっちゃすれ違ってるじゃん。
でも初めてのアレッピー…しかも宿がビーチの近くだったので、
お散歩するにも困らない♪
ジャンベの音に誘われながら、ビーチへ。
するとそこにはアフリカ人とも思えるインド人の若者が、
砂浜の上に布をひいてアクセサリーを売ってた!
しかもマクラメもあるし、台湾でジャミヤンが作ってる針金アート的なものも。
賢太郎氏は持ってきたアサラトで、彼のジャンベとセッション。
めっちゃいい感じ~♪
久々に言葉のいらないコミュニケーション…!!
彼はアタシに手作りの鈴を渡してくれて、アタシも参戦。
ひとしきり三人でセッションし終わると、
インド人の男の子たち数人がかたまって近寄ってきた。
たぶん旅行に来てる感じ。
「はろー」「はろー」
ちらっと彼の売っている物に目を通した後、お決まりの、
「セルフィプリーズ!」
でたー。まためんどいなぁ…と思った瞬間、
「NO!」
素早い彼の返答!!
初めてインド人でセルフィを断った人を見たっっっ!!
すごすごと帰ってゆくインド人たち。
買わないなら帰れと言わんばかりの背中にアタシは問いかけた。
「うおー!賢太郎と同じだね!写真嫌なの?」
「嫌いじゃないさ。ただあーゆーのは嫌いだ。
 普通写真は、名前聞いたり、色んな話したり、音楽やったりしたあと、
 仲良くなった友達と撮るものだろ?
 あれはただ珍しがって写真が撮りたいだけだ。
 俺の容姿はアフリカ人に近いし、やってることもおかしいから、
 みんな珍しがって撮りたがる。
 でも俺も一人の人間だ。
 奴らの興味本位での写真なんてまっぴらごめんだ!」
インドでセルフィ攻撃にあっていた賢太郎とほぼ同じ体験をしていたインド人。w
確かにアタシたちも彼を見た瞬間にアフリカ人かと思った。
「どこから来たの?」と聞いたアタシたちに、
彼は笑って「俺はここ出身だ!」と答えてくれた。
でも写真に対してはしっかりした考えを持って「NO」を言っている。
最近賢太郎氏も写真を断ることが多くて、
アタシはちょっとだけ、断られた方が可哀そうかな…なんて思っちゃうこともあったけど、
やっぱり興味本位での写真は断って正解だね。
その人たちがその写真をどう使うかなんて知らないけど、
もしかしたら一回も見返さないかもしれない。
そんな写真に写真撮る数秒、数分をさくのも馬鹿らしくなった。
これからは堂々と断ろう。
アタシたちも人間だもの。





賢太郎氏☆初☆電子書籍
20代前半の旅の始まりからオーストラリアのヒッチハイク、
ベトナムや中国の話などなど、笑いあり涙あり…氏の旅話。
ただ今絶賛kindleで発売中!!528円♪
(↑↑↑画像をクリックすると商品ページに飛びます↑↑↑)



Comments

Private comment